SPIRAL33
ヲタク上等。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダンボール戦機ウォーズ 第2話感想
一応2話の感想も書いとこー。

2話はオリエンテーション回でしたね、周辺キャラもまんべんなく紹介してくれてありがたい……!
まだ顔と名前は一致しないけど、それぞれ個性的な面々ですぐ覚えられそう。
キャラの顔の個性がはっきりしてるのはキッズアニメのいい所かなって思います、大人ターゲットの美形ばっかり並んでるアニメはねえ、もうオバチャンキャラ覚えられないんだよ…新テニだって挫折しちゃってるもん。

これから一話ごとに各小隊にスポットがあたって掘り下げられていく機会があるんですよね…気になる子ばっかりで困ります、カイト君は一癖ありそうな美形だと思ってたら、なんかビンボっちゃま設定が出たんです!?
ちょっとソースがわからないんですが……コロコロでしょうかね!?早く喋ってるところが見たいです!
女子もみんな可愛くていいですね~、恋愛要素とか入るんでしょうか、皆さんお年頃だしあってもいいと思いますが!


学校やその周辺のシステムもだいぶ明らかになりましたね。
私物を没収され下着から何からすべて学校から支給されることや現金は使えないことなど、やはり外部との接触を極めて少なくしている印象です、明るく描いていますが大人から見ると少々ゾッとします。

寮の部屋は二人部屋と言う事でね!
ここは色々想像を膨らませちゃうところなんですが、今のところ腐目線でまったく見ていませんので、ヒカルがいつアラタに心を開くのか純粋に見守りたいと思ってます。
ただハルキ隊長が誰と相部屋なのかは早く知りたくてたまらないです、ハルキ隊長好きです。
ハルキはやっぱり過去に同じチームの仲間をLOSTしてるんですね、猿田先生がLOSTの説明をしてる時の彼の強ばった顔と、隣で気遣いを見せるサクヤ……サクヤはいい子だな!


ところで「全破壊(LOST)」=「退学」と言うシステムは、子供には厳しすぎるシステムかと思いますが、友達同士ならそれは避けるのでは、と思いました。
制圧するだけなら相手の動きを封じるだけで十分ですから、武器を取り上げて駆動系統を一部破壊すればいいんですよ。そしたら友達は退学にはならない。
つまりどういう時に全破壊されるかっていうと、プライベートで敵意があるか、破壊そのものが楽しいと感じているか、そんなところだと思うんです。希に「うっかり」もありそうですが。


で、今回のキモなんですけど
ウォータイムの全破壊のペナルティが「退学」という「取り返しのつかないこと」であること。これはすごいですよ。
アラタは今回のミッションで敵に囲まれて銃口を向けられた瞬間、シミュレーションであるにもかかわらず「死」を意識したと思うのです。
自分の存在が消されてしまうという絶望感。
自分が死ぬわけではないのに、学校での存在を消されると言うことで自分自身とリンクしてしまい、絶望を体験したんだと思います。戦闘後のアラタがかなり疲弊してましたのでそう感じました。

一方アラタを囲んだロシウスの生徒はどうだったかと言うと、完璧に再現された世界で戦争している彼らにとっては、今まさに自分が彼の命(本当は学籍)を握っているという優越感と緊張感で手汗ベタベタだったと思うんですよね。
思春期の子供だし、破壊衝動ってあると思うんです。
しかし小隊の中での、あるいは自分の中でのルールやモラルでその衝動を制御しなくてはならない、戦場の軍人さながら。

神威大門のウォータイムにおいて「全破壊」とは「殺人」に限りなく近い行為です。
子供たちは毎日、命や死と向き合うのです……大丈夫かしら。そのうち麻痺してしまうのでは。

限りなく本当の戦争に近いことを日々やらされているわけですから、やはりプロLBXプレイヤーと言うよりは軍人養成所ではと思ってしまいますね。退学システムの精神負担が重すぎます。
せめて「極力、全破壊は行わない」と言う学園の方針がどこかにあればなあと思ってます。
全破壊してしまった側にも減点とか何かしらペナルティがあるとかね、そうしないとさあ……。
それは軍人としてもあまりよろしくないんじゃないかなーと思うわけです。



他に気になったことと言えば
島の商店がみんな鳥の名前だったことですね。
これから鳥の名前がついてる子が出てきたらスパイだと思っていいですかね?
敵の組織の名前はカコイイ鳥の名前かな!ちょっと様子見です(´▽`)

あとは言わずもがな!高等部!!
ジン様は生徒としてご在籍なの?学生なのかな?
バンさんは多分プロになってアルテミス卒業したんだと思ってます。
スポンサーサイト
トモコレ!
トモコレ大好きなんで、3DS版を予約してるのですが
届くまで昔のやつを最初からやり直して遊んでます。

今日はうちの宇崎兄弟と檜山くんをご紹介。

01.jpg
02.jpg
お忍びダウンスタイルドレッドの悠介さん!
お誕生日はなんとなくなので気にしないでください。

03.jpg
04.jpg
ごめんなさい拓也の性別……ごめんなさい!
しかし性格がぴったりすぎて腹筋がwwww


山野先生の英語教室!
05.jpg



檜山くん
10.jpg


悠介さんと握手!
07.jpg
すごく!微妙な相性!!(笑)


檜山と拓也。
怪しい電話中の檜山に気づかないご機嫌拓也……。
08.jpg
ウッ……色々思い出してツライ。

「どうした、ピザでも注文してくれたのか?」「まあ、そんなところだ」
09.jpg
拓也の汚れない笑顔に心を痛めるんだ檜山……!



早くみんなの大好物を見つけて、あのダンスを躍らせたい…!
とか言ってる間に3DS版の発売日になりそうですよね。
こっちからデータ移行できるんでしょうか??
ちなみに島の名前は『イフリー島』です、ダジャレです。
ダンボール戦機ウォーズ 第一話感想
ダンウォ見ました!!
旧作から4年という微妙な設定だとか、「戦争」と言う物騒なキーワードで私も周りも戦々恐々だったので見るまでにちょっと勇気が要りましたが……

蓋を開けたら!なかなか面白かったですよ!!


主人公のアラタくんはとても主人公らしい主人公ですよね。
最初は凡人扱い、後に才能開花するであろう王道主人公です。
周りと比べるとちょっとやかましいですが、ウザさはないです、いいです。

ヒカルくんはイナイレの優男美形路線ですね。
冷静な役回りかと思いきや、アラタくんと張り合ったりして意外なところを見せてくれました。
アラタのこと完全に見下してますね、こちらも王道の準主役かと!

そして隊長のハルキくん、これまた美形ですね。太めの眉と濃い目の隈取が好きです。
ツイッターのRTで見たんですが、「神童とアルファのミキシマックス」みたいだとか!
まさにそんな感じ、上手い!
同級生だけど先輩、これから後輩二人に苦労させられる相が出ております。
こういう真面目な優等生で、目上と信頼関係築いてる子はさ…裏切られたりね、するんだよ(例:八神さん)


あとのキャラはまだわからないのでその時に。
先生が美人で嬉しいです、素敵な中年のおっさんも早くお願いします。



第一話は世界観の説明がほとんどだったので気になった点など。

「神威大門統合学園」
プロLBXプレイヤー養成機関とのこと。
プロが存在するとなるとやはりそれはどこかで金が動いていると言う事で、大会やLBXリーグの主催やメーカーが出資している機関なのだろうな、と。
少なくともTOはコントロールポッドの大口契約が取れてるし、学園内で使用されるLBXもどこのメーカーなのか気になる。全長10キロに及ぶ精巧なジオラマはどこの技術なんだろう、まだヤマジュンの名はないけども。
ヤマジュンはまだLBX作ってるのかな、ヤマジュン早く出てきて説明して欲しい……是非表で。裏で動かなくていから、表で。


「ウォータイム」
戦争のシミュレーション、とのことだけども。
実際の戦争では流石にLBXは使われないだろうから、本気でシミュレートしたいなら小さい戦闘機や戦車、核兵器でやるべきでは、と言う疑問が。
もしLBXを「人」の代わりに使っているとしても、あの時代に白兵戦が行われることなどほとんどないだろうし、銃火器に対するダメージだって人間とLBXでは比較にならないはずだ。
という事は、やはり近々LBXを実際の戦争の兵器に転用したいと目論む輩が背後にいるのではと勘ぐってしまう。
戦争で一儲けしたい死の商人、戦争を管理しコントロールすることで覇権を手に入れたい人たち。
前作の目的「LBXを箱の中に戻す」とは、なんと可愛らしい願いだったのだろうか。
やはり主人公たちが大きな陰謀に巻き込まれるのは避けられないだろうな、まあそうじゃなきゃストーリー盛り上がらないか。


他に気になったことといえば、やっぱりアラタくんの
「そういう設定なんだ!」
ですかね。これ印象的でしたね。
これはまあ後々「設定なんかじゃない…本物の戦争じゃないか!」って言わせるための布石でしょうし、アラタくんが生きてきた環境を表している言葉ですよね。
つまりこの神威大門の外では、戦争なんてこれっぽっちも存在していない、リアルに感じられない事柄なんじゃないかと思うわけです。世界は一見とても平和で、特にアラタくんの周辺においては戦争なんて遠い過去の話でしかないのでしょう。
例えばあの教官が「ここは天国で、私は神だ」って言ったのと同じぐらいの感覚で「戦争」を捉えているんだろうなーと感じました。戦争を知らない子供達……古臭いけど、そう言うことなんじゃないでしょうか。
おそらくLBXは箱に戻っているのです、一般的には。
この島が完全なる隔離施設であるということが黒すぎてドキドキなのです。




「戦争」「兵士」と言うマイナスのキーワードが次々と飛び出し、私たちの不安を煽りますよね。
LBXが「兵器」と呼ばれたことに大変ショックを受けたり、嫌悪感を抱いたりしましたが、絶対わざとそういう単語を選んでるんだろうし、この嫌悪感はきっと制作サイドの思うツボなんじゃないでしょうか!!悔しい!


子供たちは外部との連絡手段を断たれ、戦争シミュレーションという物騒なプログラムを遊びの延長のように自然に、時には強制的にこの閉ざされた島で学習を(何年制の学校かわかりませんが)続けていくわけですね。
成績を上げるために戦術や世界情勢を勉強していくその過程で、何かに気づき始めるのかもしれない。
その時に最後に出てきたあの人が一体どちら側からやってくるのか、旧作からのファンとしてはあちらよりこちらであって欲しいと願うばかりです……取り越し苦労ですかね!


第2話、楽しみにしたいと思います!
青プ10お疲れ様でした!
3/31に青プ10に参加された方々、大変お疲れ様でした!
私はバレーの試合があったりなんだりで参加できなくて残念…。
せっかく新刊のお披露目だったのに、買って下さった方に直接ご挨拶できなかったなんて……!
次サークル参加するときは自分で行けるやつにしよう…TL見てるだけだと本当にさみしいので(´;ω;`)



そしてイベント終わりましたので通販ページ更新しました、まだいっぱい残ってるので是非(笑)
【通販ページ】
http://spiral33.blog8.fc2.com/blog-entry-766.html
オフライン
イベント後に通販を受け付けております!ご興味のある方は
nog0329☆gmail.com(☆を@に変えて下さい)
までお気軽にご一報下さいませ~(*´∀`*)



2011.10.9発行
①【みちやとおひげのしゅーごさん】
(オフセット/A5・P28/¥400)


shu-gosan.jpg

<内容>二階堂さんっぽいちいさい妖精さんと、道也のお話です。ベースに二階堂×久遠。



2011.10.9発行 完売しました、ありがとうございました!
②【Unconscious you,imperfect me】
(オフセット/A5・P24/¥300)

unconsious_hyousi.jpg

<内容>二階堂×久遠。酔っ払った道也を二階堂さんがお持ち帰りします。タイトルは「無自覚な君、不完全な僕」



2011.10.9発行完売しました、ありがとうございました!
③【Rainy Night Lover[R18]
(コピー/A5・P16/¥200)


CIMG1376.jpg

<内容>久遠×二階堂。微妙な関係の二人、精神的には二階堂×久遠……?性的な描写がありますのでご購入の際には年齢確認が必要となります。


2011.12.30発行
④【くどふどポンチ![R18]
(オフセット/A5・P20/¥300)


kudohudo_17a.jpg


<内容>久遠×不動。ギャグですが性的な描写がありますのでご購入の際には年齢確認が必要となります。



2012.7.29発行
⑤【Sugar Rich[R18]
(オフセット/A5・P28/¥300)


suger_rich.jpg


<内容>二階堂×久遠。二階堂さんに絆されてデレていく道也の話です(笑)性的な描写がありますのでご購入の際には年齢確認が必要となります。



2013.3.31発行
⑥【3 Droppp】
(オフセット/A5・P32/¥300)


130331

<内容>久遠×二階堂寄り。突然別れを切り出した道也と別れたくない二階堂さんの本。
コピー本「夕暮れおでん帰り道」も収録。



2013.10.13発行
⑦【真夏のストレート[R18]
(オフセット/A5・P24/¥300)


manatunost.jpg



<内容>二階堂×久遠。人生半ば、オッサンの哀愁漂うグダグダな夏の終わりの話。性的な描写がありますのでご購入の際には年齢確認が必要となります。



送料はクロネコメール便にて、一律80円です。
その他の配送方法をご希望の方はご相談下さいませ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。